一生歯医者を怖がらないために

子供は初めに痛くない治療を行えば歯医者を怖がりません。

3歳児でも慣れるまで2~3回の簡単な治療から行い、「押さえつけない・ウソをつかない・我慢を強いらない」という3原則を守って治療を進めていけば、3~4回目でちゃんと自分で口を開いてくれるようになり、一生歯医者を怖がらなくなるものです。

歯医者における数時間は、一生の中ではほんのわずかな時間です。
しかし、そこで「歯医者は怖い」という印象を植え付けてしまうと、大人になっても歯医者を怖がってしまいます。
子どもさんの大事な一生を私は大切にしたいと思っています。

時間はかかりますが、じっくりと子どもと接しながら治療をしていくのが当院の方針です。